ブログトップ

Ruination

shiv.exblog.jp

自分でも何回か消そうと思った記事

昼休みによく自主練をするのですが、
最近よく元・生徒会長(3年)が相手をしてくださるようになった。
おいおい嬉しいけど受験はアータいいんですか、と思うと、
上のほうからさらなる3年の野次がとんでくるんでわけです。


どうにも野次の内容からしてあまり徳の高い人たちとは思わんのですが、
もしかしたら彼等は一周してきた人なのかもしれぬ、と。

3年のキモチはよくわからんですが、切羽詰まって、根詰めて、
模試やら過去問だらけの毎日で、こう、ゲージがどんどん溜まっていった結果、
もういやじゃ!俺はフリーダムに生きるんだ!と、ゲージが空の状態になった感じ。
許容量をバーストした感じ。21超えちゃった!うるせー!みたいな。


ゲージが1周した人たち?あるいは何周かしてるか。
人はそれを、やけくそになる、というのですね、きっと。
あんまやけクソりすぎる(リセットしすぎる)のもよくないですけども。

僕も来年あんな感じになるのでしょーか。今の頑張りにもよるかもしれない。
例えば今いい成績とって、来年ひどくても、
やれば出来る子なのにとまあ自分で自分に言い訳できますし。
まわりからは、ちょうしこいてたんだなーみたいに見られますけども・・・。



関連して、11月前半はテスト期間である。
模試が終わったら中間がある。しったかめったか!
こんなときはテスト行為がすべて終わったときの妄想にふけるに限る。
「これが終われば・・・!」が原動力の渋です。
[PR]
by jiutai | 2007-11-03 01:10 | 世間話
<< 油ギッシュ猫 ファースト・インプレッション >>